So-net無料ブログ作成
検索選択
ぬらりひょんの孫 千年魔京 23 ブログトップ

ぬらりひょんの孫 千年魔京 23 [ぬらりひょんの孫 千年魔京 23]

ぬらりひょんの孫~千年魔京23話「暗黒の宴」

リクオはボロボロになりながら、なおも羽衣狐の記憶に語り掛ける。
やがて、清明の誕生が誕生すると、依代の記憶が取り戻される。

鯉伴(りはん)の最期の姿に動揺した羽衣狐をゆらの破軍とリクオの
弥々切丸が貫く。

だが、羽衣狐は清明の手によって最期を遂げてしまった。  

 

そして、ついに安倍晴明(あべのせいめい)が現世に復活を遂げたのだった。

晴明は鏖地蔵(みなごろしじぞう)が持っていた魔王の小槌(こづち)
なるものを受け取る。

すると、現代の京都の姿、街並みを見て、醜いと言い放った。
そして、清明はこの世を闇が支配する魔京に変貌させると宣言してきた。

リクオたちはこの晴明の野望に立ち向かい、打ち砕くことができるのか?
ここに、最後の戦いがここに始まろうとしていた。   

 

― ぬらりひょんの孫 千年魔京 関連商品 ―



ぬらりひょんの孫 千年魔京 23 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。