So-net無料ブログ作成
海猿 ラストメッセージ あらすじ ブログトップ

海猿 ラストメッセージ あらすじ [海猿 ラストメッセージ あらすじ]

海猿 ラストメッセージ あらすじの紹介です。
12月3日(土)夜9時からの土曜プレミアムに登場します。

「海猿」シリーズ完結編として、映画になった話題の作品です。
伊藤英明さん演じる仙崎と加藤あいさん演じる環菜の愛の
物語もこれで最後でした。

その日、大型台風が接近していた。
国家規模の重要プロジェクトとして福岡沖で稼働している、
巨大天然ガスプラント施設“レガリア"で火災事故が発生。

現場へ急行する、仙崎大輔(伊藤英明)、バディの吉岡哲也
(佐藤隆太)ら海上保安庁救難隊。
レガリアの設計主任・桜木(加藤雅也)をともなって・・・。

すぐさま救出作業を開始をする。
しかし、そこへ、突然の爆発。

あろうことか、大輔たちはレガリア内に取り残されてしまい、
逃げ場を失ってしまった。

どうすることもできない。

仙崎らを救出したのは、第七管区機動救難隊の服部(三浦翔平)。
だが、予断を許さない現場は依然としてヘリも船も近づことさえ
できない、孤立した状態にあった。

大輔は妻の環菜(加藤あい)と生後間もない長男への思いを胸にし、
服部とバディを組んで脱出の道を探っていく―――。
 

―海猿 ラストメッセージ 関連商品 ―
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
海猿 ラストメッセージ あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。