So-net無料ブログ作成
検索選択
家政婦のミタ あらすじ 第6話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 第6話 [家政婦のミタ あらすじ 第6話]

家政婦のミタあらすじ 第 6話の紹介です。

今回は結(忽那汐里)に大変なことが起きるようですね。
三田(松嶋菜々子)は結をどうしようとしているのか。ドキドキです。

子供たちは義之(平泉成)から強引に、養子になるようにと言われのですが、
恵一(長谷川博己)助けを求めようとするのですが、意見がバラバラに。

そこで、子供たちは三田(松嶋菜々子)に助けを求めるのだが、
あっさりと、「家族の問題に意見を言うつもりはない」と冷たく突き放される。

  

三田は、翔(中川大志)と海斗(綾部守人)に頼まれて恵一に会いに行く。
父親の自信を失っている恵一は、三田から義之が本気で養子の話を
進めていると聞かされる。

それでも、子供たちに伝えるべき言葉が見つからない恵一。


阿須田家を元通りにしたいと心配するうらら(相武紗季)は、結と義之を
会わせるものの、結は相変わらず強引な義之に反発しててしまう。

家に帰った結は、三田が恵一と会ってきたことにいら立ちと怒りを覚える。
弟たちの、これからどうするのかという問いに結は、「勝手にすればいい」と
ヤケになって、言い放った。


重くのしかかる家族の問題から逃れたい結は、恋人の拓也とともに家出を
決意するものの、待ち合わせ場所に拓也は現れなかった。

拓也にも裏切られて絶望した結は三田に、自分を殺してほしいと頼む。
そこで、三田は、結に向かって刃物を振り上げ…。

この先どうなってしまうのでしょうか。

    


        おしゃれな三田灯のミリタリーキャップ  

     ― 家政婦のミタ 関連商品 ―
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ あらすじ 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。