So-net無料ブログ作成
検索選択
UN‐GO 4話 ブログトップ

UN‐GO 4話 [UN‐GO 4話]

UN‐GOの第4話「素顔の家」のストーリー紹介です。

佐々家の先代、佐々駒守は人工知性の研究者としてREAL AI‐R.A.I―と
呼ばれる画期的な人工知能を開発。

しかし、7年前に新情報拡散防止法しより政府から禁止され葬り去れていた。

佐々駒守は爆死し、佐々家の家督は養子の風守へ譲られた。


【送料無料】フジテレビ“ノイタミナ"アニメ UN-GO エンディング・テーマ::Fantasy/Cupid

今度起きたのは、風守の爆死。
なぜ彼は死ななくてはならなかったのか。

新十郎の推理は過去にまで遡り、佐々家の隠された真実を露わにしていく。
だが、それでも解けない謎が残った。

そんな時、佐々家を辞した新十郎と因果を追い掛けてくる軍指揮下の公共保安隊。
ある出来事がヒントとなり、新十郎の感じていた疑問が氷解する。

「ご苦労さん・・・これでやっとわかった」

再び佐々家へ戻ると、虎山もやって来て、佐々風守の死を巡る予想もしなかった
犯人が突き止められる。

《冬樹社》坂口安吾 石川淳/小林秀雄ほか監修定本坂口安吾全集11 小説8 明治開化安吾捕物帖...

 ― UN‐GO 4話 関連商品 ―

タグ:4話 UN‐GO
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
UN‐GO 4話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。